尼崎医療生協病院

  • アクセス
  • 電話

受付時間詳細鳥

午前8:30~
11:30

午後12:30~
15:30

夜間診水・金
15:45~
18:30

受付時間詳細

午前8:30~11:30

午後12:30~15:30

夜間診水・金
15:45~18:30

リウマチ科

リウマチ科

関節リウマチを含む膠原病は、全身に症状が及ぶ炎症性自己免疫性疾患です。そのため治療には様々なアプローチが必要であり、当科ではチーム医療を通してのトータルマネージメント実践を目指しています。日本リウマチ学会認定教育施設として、個人に合わせたテーラメイド医療、Treat to Target(T to T)を遂行すべく、ガイドラインに準じた標準的治療を行う事に心掛けています。
受診患者さんは約400名で、大半は薬物治療を行っていますが、そのうち約100名は生物学的製剤やJAK阻害薬を使用しています。そして関節変形の強い患者さんに対しては手術治療を行っています。関節リウマチデータベース(NinJa)に参加し、データ発信にも寄与をしています。

対応できる医療内容

外来治療

外来治療の中心は関節リウマチに対する薬物治療です。また関節痛のある患者さんに対して、膠原病を含む病気の評価と診断を行っていきます。完全予約制となっていますので、受診希望の方はリウマチ科外来までご連絡ください。薬物治療においては、早期よりメトトレキサートを中心とした抗リウマチ薬を用いた治療を開始します。診察所見、血液検査、画像検査を総合的に判断して寛解(かんかい)を目指しますが、治療が不十分な時には生物学的製剤やJAK阻害薬を導入し、 皮下注射製剤の外来指導や点滴製剤の外来化学療法室における治療を行っています。
リウマチ患者会「レインボークラブ」を年2回春秋に行っています。学習会、コンサート、ワークショップ、花見など、スタッフ一同知恵を絞って準備を行っています。当院に受診なさってない方の参加も可能ですので、リウマチ科外来までご連絡ください。

入院治療

入院治療では、リウマチ教育入院、薬物治療、手術治療、合併症治療を行っています。入院中は各スタッフも治療介入し、チーム医療を通して、全人的な医療を行うように努めています。関節リウマチ治療においての教育入院では、リウマチ学習、リハビリテーション、栄養指導、各種検査、薬物治療を行っていきます。関節破壊の進んだ状況では手術治療(各関節の人工関節・形成手術、腱縫合手術・滑膜切除術など)を行います。近年は大関節手術の減少、小関節手術の増加(手指変形や外反母趾、それらによる痛みや魚の目)という傾向があります。肺炎や尿路感染など各感染症、薬での副作用を生じた時も入院治療を行います。

医師紹介

役職 氏 名 主な専門
医長 柏木 聡
専門: 関節リウマチ、関節外科
資格: 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医・指導医
リウマチ財団登録医
医師 斎藤 篤史
(非常勤)
専門: 関節リウマチ、膠原病
資格: 日本内科学会専門医
日本リウマチ学会専門医

スタッフ紹介

日本リウマチ財団登録看護師 北村喜美代、塩見美由紀、迫亜伊子
日本リウマチ財団登録薬剤師 清水友香理、福井美保、宮本祐子
日本リウマチ財団登録理学療法士 中西肇、富本茂義
日本リウマチ財団登録作業療法士 青木彩子

TOP